上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒ごまの食パン1

黒ごまを入れて食パンを作りました。
香りをお伝えできないのが残念ですが、すきっ腹に堪える香りがずっと漂っています(^。^;)


黒ごまの食パン2

ごまのつぶつぶ感が嬉しい(^○^)

最近は2月らしくない暖かさが続きますね。
出かけやすい気候だから、ウチでパンパーティーなぞしたくなってきました(^^♪


スポンサーサイト
前回、最後にちょこっと書いた作成中のちびパン・・・
実は、小さい動物たちを作ってたんです。
その辺に置いておいて、ちょっとした癒しになればなあと思って。

でも、見事に失敗(-_-;)
リベンジするかどうかは・・・?


パンはやっぱり食べるもの!と気を取り直して、低温長時間発酵でカマンベールチーズ入りのパンを作りました。

カマンベールのパン

前にも似たようなのを作ったんですけどね。
その時は全粒粉入りにしたんですが、今回は強力粉+薄力粉の生地で、仕上げにハーブソルトをふりかけました。

じっくり半日以上かけて作るパン。
作ってて、食べてて、幸せ。
レーズンシュガー

今週は毎日パンを作っております・・・。
昨日は湯だねの生地でレーズンパン。
見えないですが、グラニュー糖をまぶしてから焼成してます。
たま~に食べたくなる、ほっとするパンです。

それにしても、湯だねで作ったパンはとてもやわらかく焼きあがるので、オーブンから取り出すのに一苦労します。
熱いうちに取り出してラックで冷やさないとパンが潰れてしまうから、オーブンから出さないわけにもいかないし・・・。
というわけで、形がいびつになってしまいます。
またひとつ、課題ができちゃった。


今日は久し振りに新作ちびパンを作成中。
マグネット用に加工している、あのちびパンです。
でも今回はマグネットにはしないつもり。
ぶきっちょな私が挑むので、いつもながら大苦戦(-o-;
無事に出来上がって、アップできますように~。
2011.02.17 ベーコンピザ
ベーコンピザ

夕食にと思って、久し振りにピザを作りました。
今回は今まで作っていたピザ生地をゴロッと変えて、全粒粉入りの完全オリジナル生地に。
出来上がった生地にコトコトした玉ねぎ入りトマトソース、ベーコン、チーズを乗せて高温で焼成。

それにカルボナーラのパスタをつけて夕食の出来上がり。
ピザはひとり一枚ずつあったし、濃厚なパスタにしてしまったので、おなかパンパン。

新しくしてみたピザは以前より美味しくなって、満足な夕食でした(*^^)v
少し長いこと、お休みしてしまいました(^^;)
2月の始めに息子が学校のスキーキャンプに出かけたことをいいことに、自分も四国の旅に出かけたり、
なんやかんやとパタパタしてしまって、パンを作る時間も作れなかったり・・・(;^_^A

ブログをお休みしている間に作ったパンです。

豆乳のクイックブレッド レーズン

豆乳のクイックブレッド、レーズンバージョン
もうひと工夫あった方が良かった(-_-;)


バナナのパン 低温長時間発酵

低温長時間発酵で作ったバナナのパン。
いつもは生地に入れる牛乳が残り少なかったので、お水を投入。
牛乳で作るよりもっちり感がアップして、白いパンになりました。


紅茶のパン 湯だね

湯だね製法で作った紅茶のパン。
四国の旅で道後温泉にも行ったのですが、そこでとっても素敵なカフェを見つけてランチをいただきました。
手作りのパンがおススメのそのカフェでいただいた紅茶のパンがとっても美味しくて、
帰ったら紅茶のパン作ろう!
と。
やっぱり美味しい紅茶のパンだけど、これからは入れる紅茶にももっとこだわってみたいなと思う今日この頃です。

豆乳のクイックブレッド チョコ

まったくお初の類のパンを作ってみました。
ベーキングパウダーを使った、短時間でできてしまうクイックブレッド。
クイックブレッドは時間が少しだけある!という時にたまに作ってはいたのですが、今回は使う材料がお初。
その材料というのは、豆乳と米油。
それらを使った生地にチョコレートの塊をゴソッと入れて焼き上げたのが写真です。

見た目はちょっと固めのクッキーのように見えるこのパン。
いい匂いが漂ってるけど、どんなお味になったんだろ~とウキウキ。
牛乳やバターでは出せない、素朴だけどコクがあるお味で、チョコレートの旨みも引き立ちます。
クッキーのようなパンのような新しい食感で、これまたお気に入りの登場となりました。
2011.02.02 甘栗のパン
甘栗のパン

湯だね製法の生地に甘栗を入れてパンを作りました。
湯だね製法独特の「ふんわり、もちもち」食感で、そこに甘栗の粒の甘さがアクセントになったパンになりました。

焼き立てを頬張った人のお顔からはとびっきりの笑顔。
これはこのパンに限らずですけどね。
その笑顔が私にとってはとっておきのご褒美。


以前、米粉の生地で同じように甘栗のパンを何度か作ったことがあります。
それを作ってみたいというお声を下さった方がおられました。
色々お話させてもらっているうちに、その方に私の思いを強く話してしまいました。
それで、家に作りに来られなくしてしまったんです。

ただ作りたいというお気持ち。
私のパンを見て作ってみたいと思ってくださることが、どれだけ有り難いことか自分が一番よく知っているはずなのに、そのお気持ちを潰してしまった・・・。

それからずっと、甘栗のパンは作ることができませんでした。

でも、ようやく作れるようになった。
パンから繋がっていくものも大切に、の思いを今一度しっかり心に刻みこもう。
今回は、そんな思いが詰まった甘栗のパンになりました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。