上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る11月3日に「パンシェルジュ検定」2級を受けました。
「パンシェルジュ」とは、奥深いパンの世界を迷うことなく案内できる幅広い知識を持った人のこと。
独学でパン作りを楽しんできた私ですが、もっとちゃんとパンのことを勉強して、もっと美味しいパンを作れるようになりたいなと思うようになった頃、この検定に出合いました。
出合った昨年、3級を受検して合格し、そして今回2級に挑戦。
その結果が昨日クリスマス・イヴに届きました。

パンシェルジュ2級合格グッズ

届いた封筒の中には、2級合格認定カードとピンバッジが。
難しいと感じていた試験だったので、嬉しかったのとホッとしたのとで少しウルウルしてしまいました。

とても嬉しいクリスマスプレゼントをもらったので、これを励みに今度は1級を目指して楽しみながら頑張ろうと思います。
スポンサーサイト
2010.12.22 生姜糖のパン
生姜糖のパン

お買い物に出かけたら、
「生姜糖」
なんてものを見つけてしまいました。
見るからに美味しそうだったので、購入。
それを使ってパンを作りました。

初めて使う食材なので、どんなパンが出来上がるかワクワク♪
ドライフルーツを練りこんで作るパンと同じ要領で米粉を使って作ったら、生姜独特のスパイシーさと、生姜にまぶしてあるお砂糖の甘さがちょうどいいバランスで食べやすかったです。
この生姜糖に合う生地は、ひょっとしたらもっとマッチするものがあるかも。
今度、また違った生地で作ってみようと思います。
マヨネーズパン

マヨネーズも自家製の我が家なんですが・・・
使用頻度が高くて、なかなか余ってるということがありません(^。^;)

が!
少し前に作ったマヨネーズが、たまたまパンを作るのにちょうどいい量だけ残ってる!
これは作らなきゃ♪
マヨネーズはまた作って補充しておけばいいし♪

普段使いのシンプルなパン生地に、マヨネーズとハーブソルトを乗っけて焼いたらできあがり。
マイルドなウチのマヨネーズにハーブソルトがアクセントになって、何個でもいけちゃうパンになりました。

丁寧に暮らす。
自分で何でも作るのは、面倒なこともあるけれど、その分食べた後の幸福感が増したりします。
パタパタしてしまう年末だけど、それだからこそ時間を作って自分の手で作る、そんな丁寧な暮らしを心がけたいなと思います。
2010.12.16 金時豆のパン
金時豆のパン

先日、金時豆のパンを作ったよという便りが届きました。
金時豆はあまり好んで食べないのですが、そのパンの写真を見るととっても美味しそう。

パン馬鹿の虫が騒ぐ・・・

というわけで、のりしゃん流アレンジで金時豆のパンを作ってみました。
米粉の生地を丸めて、てっぺんをはさみで十字に切って、その切れ目に金時豆をのせて焼成。

金時豆は・・・(・・;)
という私にも美味しくいただけるパンになりました。

ヒントをいただいて、自分で考えて自分で作ってみる。そんなのもとっても楽しいパン作りです。
先日、本物のパンでマグネットを作ったとお知らせしました。
これ、手ごねしたパンをじっくり乾燥させてラッカーを塗り、マグネットをつけた物。
その後「販売しよう!」とのお声をいただき、この度ネットショップを開設する運びとなりました。


マグネットロールパン
ロールパンのマグネット

マグネット三つ編みパン
三つ編みパンのマグネット

マグネットずんぐりパン
ずんぐりパンのマグネット

マグネットふたごパン
ふたごパンのマグネット

マグネット三つ子パン
三つ子パンのマグネット

マグネットお花のパン
お花のパンのマグネット


マグネットback
全種、裏にシートタイプのマグネットをくっつけてます。

お店の名前をどうしようかなあと考えながら、このマグネットたちを眺めていたら・・・
みんなプクプクしたパン!
ということで、「panpucu」(パンプク)にしました。

このブログのリンク欄「panpucu」をクリックすれば、お店のページにジャンプします。

こちらの方で上記全6種、販売させてもらってます。
すべてハンドメイドですので、ひとつとしてまったく同じ物はございません。
今なら定価500円をオープン価格200円にて販売中!
送料無料で送らせてもらいますので、この機会に是非。

近々、スポーツニッポン新聞(通称スポニチ)の九州版にも掲載していただく予定です。
その時はまたご報告させてもらいますので、九州にお住まいの方はそちらも見ていただけたら嬉しいです。




... 続きを読む
プチ・シュガー


甘~いパンが食べたくなってしまいました(^。^;)
家にある材料は・・・
あんまりないなあ(-_-;)
でも、ここはある材料でなんとか作っちゃおう!
あるもので美味しいものを作れちゃうと、嬉しさ倍増の私。
結構、貧乏性?

ということで出来上がったのがプチ・シュガー。
少しリッチな生地にグラニュー糖をたっぷりまぶして焼き上げました。
卵を入れて、お砂糖もいつもより少しだけ多めに入れてこねた生地は、優しさいっぱいで元気復活のお味。
シンプルだけど、それだけに素材の良さをバランスよく引き立たせることができると、これがまた嬉しかったりします。

また、頑張ろ。
紅茶のバターロール

紅茶を使ったパンもよく作るのですが、今回は牛乳で煮出したリーフを入れてバターロールにしてみました。
紅茶を煮出している時の香り。
発酵中から漂うバターと紅茶の匂い。
そんな匂いもとびっきりのご馳走。
寒い季節だから余計にそう感じるのかな。

紅茶とバターを引き立たせたくて、お砂糖控えめ、卵不使用。
使い始めてからずっとお気に入りの国産小麦。
色々考えながら作ると、これまた楽しいパン作りです。
2010.12.09 かぼすパン

かぼすパン

少し前にかぼすにハマっていた時期がありました。
搾り果汁にはちみつを加えて、お湯で割る。
これ、とっても美味しいんです。
知らずに飲んでいたのですが、引き始めの風邪にも効くそう。
でも最近はあまり飲まなくなって、冷蔵庫の中でかぼすが少し寂しそうにしていました。

それじゃ、パンに入れてみよう♪
いつもの癖が勃発です。
かぼすの皮をはちみつ漬けにして、それをパン生地に入れたらどうなるかな。

写真のパンの表面に小さなつぶつぶがついていますが、それがかぼすです。
今の時期柚子も嬉しい食材ですが、かぼすも柚子とはちょっと違った柑橘類の爽やかさを醸し出していて美味。
それにはちみつのほんのりした甘さが手伝って、寒いこの時期にほっこりするパンになりました。


「色々、よ~頑張るね~」というお声をよくいただきます。
「また元気をもらったよ」というお声もよくいただきます。
実は、そんなお声を下さる方々に私が元気をいただいてるんですけどね。
自分自身では頑張っているという感覚はまったくなく、ただ好きなことを楽しんでいる感覚でいてたりもするし・・・。
皆さん、楽しみながら頑張って、キラキラされてて。
私と同じようにパンを作る方々は、「パンは友達」とおっしゃる方も多い。
私もパンは大切な友達だと思ってます。
だから、私の手の中から生まれてきたパン達はどれもみんな可愛いです。
励ましてくれたり、叱ってくれたり、助けてくれたり、そんなことを無言のまましてくれる。
だからパン作りだけはいつまでたってもハマったままなのかな。
「たかがパン、されどパン」

ココアチョコバナナ

バナナを使ったパン第2弾です。
ココア粉末を混ぜ込んだ生地でバナナとチョコレートを包んだパン。
近頃ふんわりパンが続いたので、今回は米粉を使ってもっちりパンに。

米粉を使ってパンを作る時、よく迷います。
米粉100%にするのか、小麦粉と合わせて作るのか。
お米も小麦粉も大好きな私は、その両方の良さが出るので、ついつい小麦粉と合わせて作ってしまう。
それでも、近いうちに米粉100%のパンにもチャレンジしようと思う今日この頃です。
数ヶ月前、初めてお友達のパン屋さんを訪ねました。
可愛い店内の中に、とっても美味しそうなパンや私好みのグッズが沢山。
その中で一目惚れした物がありました。
それは本当のパンで作ったマグネット。
彼女は私のプレゼントとしてあらかじめお取り置きしてくれていたのですが、自分でも作ってみたくて作り方まで聞いてしまいました。

パンシェルジュ検定の試験が終わったら作ってみようと決めていたので、試験が終わってからチャレンジ。
何回か試作を重ねるものの、不器用な私にはなかなか納得のいく物が作れません・・・。
でも小さくて可愛いので、楽しみながら何度かチャレンジしました。
そして出来上がったのがこれ。

パンマグネット1


冷蔵庫にくっつけてみました。

パンマグネット2


ハマってしまったパンのマグネット作り。
こんな形も可愛いよな、なんて思ったら、また作っちゃうと思います。






バナナを使う時、いつもはパン生地に包み込んでパンを作るのですが、
生のバナナをパン生地に練りこんでパンを作りたい!
と思ってしまいました。

実はこれ、ちょっと難しい・・・。
バナナを練りこむとなると、バナナの水分で生地がかなりべとついてしまうんです。
でもやっぱり作りたいという気持ちのほうが強かったので、頑張ってみました。

案の定、かなりべとついて扱いにくい生地に。
成形がかなり難しいぞ。
ロシアの黒パンなんかは、成形が難しいので型に入れてワンローフ形(ふんわり食パンになる成形方)にすることが多いそう。
それを真似しちゃお。

バナナの食パン1

というわけで、バナナの食パンの出来上がり。

バナナの食パン2

ふんわりしてて、バナナの優しい甘さがして、パンと私、ふたりで頑張ったぞって感じのパンになりました。

またパンに元気をもらい、助けてもらった。
悩んだり、迷ったりすることも多い私ですが、そんな時はいつも作ったパンが「大丈夫」と元気をくれる。
そんなことは一切話してないのに、パンを作る私に「よし!」と思わせてくれるようなエールをくれる人たちがいる。
パンを作れる幸せに巡り合えたことに感謝です。
たかがパンなんですけどね。

プルーンのパン

久しくドライフルーツのパンを作ってないな、と思っていたところ・・・
特価でいろんなドライフルーツが出ているのを発見!
どれにしようか色々悩んだあげく・・・
プルーンを買うことに決定。
鉄分豊富だし、プルーンってパンに使ったことないし。

ドライフルーツを使ったパンはハード系のパンが多いように思うのですが、ハード系はあまり・・・という方が圧倒的に多い私の周り。
それならふんわりしっとりで作ってみよう。

出来上がった生地を焼いていると、小麦粉の香ばしい匂いとプルーンの甘酸っぱい匂いが食欲をそそります。
これも手作りパンの醍醐味。

焼き上がって頬張ってみると、プルーンを使って大正解!のお味。
冷めてもおいしいパンになりました。
またひとつ、やみつきになりそうなパンが増えました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。